墨田区における人間ドックの現状

定期健康診断は受検しても人間ドックは受検しないという人は少なくありません。
確かに、定期健康診断で多くの疾病を発見することはできますが、それだけで健康体だと判断することはあまり良い判断だとは言えません。


定期健康診断は、広く浅く検査するものであり、一方、人間ドックは一つひとつの項目を掘り下げて検査するものですから、その精度は大きく異なるのです。特に加齢とともに疾病が増える、脳卒中やがん、急性心筋梗塞などは、初期段階で発見、治療を行うことが必要ですが、人間ドックで発見されて完治した症例は墨田区においても数多くあります。



その中でも、がんについては胃や大腸に発見されることが多いことから、消化器を専門とした検査も行われています。
こうした消化器専門ドックは、墨田区においても多くの消化器内科が導入しています。

Yahoo!ニュース情報サイトを使用する機会が増えています。

一般の人間ドックのオプションとして、胃カメラや大腸カメラなどの内視鏡検査が中心となりますが、最近の内視鏡は進化が凄まじく、小さなポリープも見逃さないことから、墨田区でも利用する人が年々増えているのが現状です。



健康であることは、仕事にも専念することができますし、家族の安心にもつながるものです。


定期健康診断は、努めている人であれば会社が負担しますし、自治体などが主催しているものもありますから気軽に受検できます。
対して人間ドックは、経皮的な負担はあるものの、最近では自治体や会社が補助をしているところもありますので、定期的に受検することが大切です。