墨田区における人間ドックの受検模様について

墨田区においては、区民の健康増進のために、様々な取組みを行っていますが、人間ドックの受検推進もその一つです。
というのも、定期健康診断は職場では、定期的に受検することが、労働安全衛生規則で定められていますから、半ば強制的に受検しなくてはなりませんが、人間ドックは任意である上、費用も高額であることから敬遠されやすい側面を持っているのです。しかしながら、墨田区においても、人口の高齢化に伴い、がんや急性心筋梗塞、脳卒中といった、いわゆる三大疾病が急増しています。



これらの病気は、発見が遅れると、最悪、命に関わることや後遺症に悩まされる恐れがありますから、完治させるためには早期発見が必要不可欠になります。

そのためには、定期診断ではカバーしきれない項目をより深く検査する人間ドックは、有益であることは言うまでもありません。こういった状況を鑑み、墨田区に在る事業所の多くは、定期健康診断ではなく、人間ドックの受検を広く呼びかけるとともに、助成金制度を導入する所も少なくありません。

最近話題のYOMIURI ONLINEの情報検索をお役立てください。

助成金制度は、社員の受検を促すために、費用の一部や全額を負担したり、定期健康診断を免除するものですが、さらに社員が受検しやすいよう、受検日は有給休暇の対象とする会社も少なくありません。

自信の健康を維持することは、自分だけでなく家族の幸せにもつながります。
そのためには、健康診断だけでなく、定期的に人間ドックを受診することが不可欠です。

まずは、自分の体を知ることが、健康維持のために重要なことなのです。